あばたもえくぼ

生きてるだけでほめられたい

中学聖日記がばりアツなんですが

今期のドラマはかすみん(有村架純が好きな彼氏の影響でかすみん呼びをしている)の「中学聖日記」と、みんな大好きガッキーの「獣になれない私たち」を見ているのですが、特に中学聖日記がアツくて毎週の楽しみになっている。登場人物みんなが悲しい人間なのがいいなって。

かすみん演じる末永先生が生徒を好きになってしまうっていう、ほんとにどうしようもなくてイタくて情けなくてかわいそうで、でもかすみんのベビーフェイスが可愛くて、でもちゃんと大人でちょっと色っぽくて、わたしも中学生男子で末永先生が担任だったら気になっちゃってるだろうなあ…と思う。末永先生を一筋に思う黒岩くんは、顔が整っていて体格も最高に良くてハチャメチャにかっこいいのだ。そりゃあ末永先生だってこんな生徒にひたむきに思われたら好きになってしまうわな。顔って大事。昨日の5話では学校を辞めてその土地からも去って婚約者の勝太郎さんと別れてしまったんだけど。死ぬほど優しい勝太郎さんが言った「1人になって全て失えばいい」っていう言葉が怖すぎて、でも勝太郎さんのずっとモヤモヤと抱えていた思いが溶かせないくらいに固まった結果出た言葉なんだろうなと思って。それを泣きそうな表情で無言で受け止めた末永先生の表情もよかった。

 

末永先生がお母さんにすべてを話したとき、怒るでも責めるでもなく受け入れて諭すような優しくて強い言葉も母親だなあって感じがして好きだった。きっとわたしも自分の娘がそういう社会的に認められない恋をしてしまったら一方的に怒ったりできないと思う。わたしも中学生のとき先生の方が好きだったことがあったから黒岩くんの気持ちも、末永先生の気持ちも、分かるのだ。なんでだろうね?先生のことを好きになるのってそんなに有り得ないことじゃないと思うんだよな。中学生ならではなのかな?

 

わたしの場合は、大学院生の塾の先生で、しかも家が近所だった。朝学校に行く途中、先生が外で歯磨きしてて偶然出会って気付いた。数学を教えてくれる、眼鏡をかけていて、「ザ・理系」って感じのインテリな見た目だけど、博士取ってるような頭が良くてかっこよくて優しいっていう塾の中では有名な先生だった。全然チャラくもないしむしろ理系ならではのダサさがあった。そこがくすぐったくて、わたしはよかった。数学30点台を取るくらいのわたしにも根気よく一言も言葉を荒げることもなく、むしろ分からなかったりしたらどうにか分からせようとしてくれたり、点数が伸びなければ自分の責任だと深く考え込んでしまうような先生だった。今思えば好きなのに当時は好きって気付いてなくて、いや、気付きたくなかったんだと思う。先生にはいつのまにか彼女ができて、ペアリングをつけるようになって。ずっと教えてくれてたのに先生といる時間が苦痛になっちゃって、しばらく先生変えてくださいって塾長に頼んで変えてもらって。黒岩くんじゃないけど塾に行った後はなぜかイライラして不機嫌になってた。それに気付いたお母さんに「先生のこと好きなんじゃないの?」って真面目な顔で指摘されて泣きながら喧嘩をした。指摘されたことがすごく恥ずかしくて、そんなことないって否定してふと我に返って先生と普通に関われるようになったんだっけ。

 

最後に会ったのが高3の冬で、わたしが大学に合格をしたかどうかを心配してたってことを人伝いに聞いただけでそれからは先生がどうなっているか確かな情報は分からない。連絡先も知っているし、先生が連絡先を変えていなければ出るのかもしれない。でも、もちろんそんな勇気もないし今も恋をしているわけでもない。かと言って気にならないと言えばやっぱり嘘で、前に先生の名前を調べると先生も上京していた。都内で先生をしているようで、相変わらず数学を教えていた。しかも生徒に教えるっていう先生の仕事をしていたことが嬉しかった。もう一生会うことはないんだけど、わたしがちゃんと大学卒業して看護師になってちゃんと働いてることはいつか知ってほしいと思う。わたしが連絡しない限り知らせる術は無いのに、どうにか運命的な何かで手繰り寄せられたいと心の底で1ミリ思ってしまう。もちろん、もう恋と言えるものではないけれど。

 

先生は今アラフォーだし、結婚して子どももいるかもしれない。先生に片思いしてたちんちくりんな中学生のわたしはもう学生ですらなくて社会人だし、ちゃんと彼氏がいて、彼氏との日常がある。先生はきっとわたしのこと覚えてないだろうし、わたしもはっきりと先生の顔を思い出せない。先生のことで一喜一憂していたわたしはもういないのだ。そう思うと、恋って一時の感情なのにものすごく濃くて人生を変えかねない不思議な感情だなあと、中学聖日記を見ながら昔のことを思い出しました。

 

来週からは3年後の2018年に舞台が変わるから楽しみ。黒岩くん、末永先生覚えていない説……!