あばたもえくぼ

いろいろあるよね

齋藤飛鳥というアイドルらしくないのに1番アイドルらしいアイドル

私はKぽに限らず日本のアイドル(特に女の子)も好きなんですが、今や知らない人はいない王道の乃木坂46も好きだったりします。ハマってからずっと1番好きなのはまりっかこと伊藤万理華ちゃん(ルックスはめちゃくちゃ童顔のアイドルフェイスなのにダンスは上手いしアイドルらしからぬ男ウケを気にしないアートなセンスと芯を持ってるギャップが本当に本当に本当に推せる)なんですが、去年の年末に卒業してしまいました。卒業後は多分女優さんになるみたいです。まりっかは演技も上手なメンバーで表現力もあるし、乃木坂にいる頃からの「アイドルらしくない」ところがあるから、女優として活躍できそうな気がしている。いるじゃないですか、この人アイドル辞めちゃったら芸能界で生き残れないよなっていう人も。まりっかはそんなことないって思ってるし思いたいし思わせてほしい!まあそんな訳で、まりっかがいなくなってから乃木坂46を見るときは齋藤飛鳥ちゃんを目で追ってることが多い。

 

f:id:vousmesavez:20180111133115j:image 

 

齋藤飛鳥って誰?っていう人もいたりするのかな。あしゅこと齋藤飛鳥ちゃんは、乃木坂46のセンターに選ばれたり、常にフロントにいるような、乃木坂46を引っ張る存在で、ルックスは天使のような美少女なのに中身はちょっと冷めてて根暗というギャップがある女の子です。そのギャップが無敵すぎて好き。人間味のある人が好き。でもこの子、選抜メンバーにずっと選ばれてるわけじゃなくて何年か前はアンダー(シングルの表題曲を歌う選抜メンバー以外のメンバーで、いわゆるまだ開花できていないメンバーのこと)だったのよ。

 

この間、フジテレビのセブンルールっていう密着してその人の生きる上での7つのルールを探すっていう番組に出ていて、とても楽しみにしていて、見たんですけど。なんだろう、アイドルって大変だなーと思ったのと同時に齋藤飛鳥っていうアイドルにめちゃくちゃときめいてしまいました。

 

私が握手会やコンサートで異性のアイドルに対してファンの「好き」「カッコいい」「会いたい」っていう気持ちをぶつけていると、自分がアイドルに思いを伝えることや好きな音楽を楽しんだりすることにしか目がいかないけれど、女の子のアイドルのファンへの対応を見ると、同性だからこそアイドルの目線でファンを見やすくなって。番組の中であしゅが握手会で何人いるのか分からないくらいの大勢のファンに対して1人ひとり笑顔で握手して手を振って……っていう対応を見ると、アイドルってマージで大変だなあと思った。私で考えたら初対面の人に愛想良くするってことに近いと思うんだけど、やっぱり疲れるもん。まあ、それがアイドルの仕事の1つなんですけどね。私の大好きなKドルたちも、ファンに対して1人ひとりのメッセージに答えて、笑顔で対応してくれて、握手してくれて、手を振ってくれてるんだなあ。防弾たちと握手したことを思い出してアイドルすげーなーと思った。そりゃ対応に波があるのは仕方ないよな。だからこそ、神対応できるアイドルって凄いし、好かれるし、ファンに愛されるんだろうね。

 

 

でもあしゅは、まー神対応なんてもんじゃなくて、ファンの「可愛いことをしてもらいたい」っていう要望には一切答えないんですよ。可愛いこと言って、好きって言って、ウインクして、元気になるおまじないかけてっていう要望に「やだ」「しない」「そんなのない」のバッサリ拒否。これ、文章だけだとめちゃくちゃ冷たいなって思われると思うけど、これをくしゃっと笑っためちゃくちゃに可愛い笑顔で言ってるんですよ。これ、すごい。美少女と言われるあしゅしか出来ないことだなって思った。あの可愛い笑顔で言われたらもうそれは「拒否された」じゃなくて「神対応」になってしまうんですよ。かつ、あしゅの性格を知っていて、そこも好きだからこそファンにとってはたまらなく愛しい対応だと思うんです。で、また握手しに行ったときに希望に応えてくれたらそれはそれでファンは自分にはしてくれたっていう優越感といつもはしてくれないのに初めてしてくれたっていうめちゃくちゃな嬉しさがあると思うんです。(実際、可愛いことをしてくれたというファンもいた)(私のTwitter調べ)

f:id:vousmesavez:20180111131538j:image

f:id:vousmesavez:20180111131602j:image

 

 

コンサートでは大声出してファンとレスポンスしたりしていて、それもまたファンを「お前ら」呼びしちゃっているんですけど、なんかそれもカッコいいですよね。冷めてるかと思いきやコンサートでは盛り上げようとする努力もするし、そこには何をしても可愛いドチャクソに天使みたいなルックスもある。もう、アイドルらしくないのにめちゃくちゃ誰よりもアイドルなのよ。

f:id:vousmesavez:20180111132226j:image

 

 

 

そんな齋藤飛鳥の7つのルールは

1.ファンに「カワイイ」ことはしない
2.あまり期待しない
3.待ち時間は壁によりかかる
4.ハッピーエンドの本は読まない
5.月に3回、1人焼肉にいく
6.毎朝、母とLINEする
7.乃木坂46で輝く

 

 

なんですけど、私が1番グッときたのは7つ目のルールで、アイドルである限りやっぱりアイドルをすることが役目だと思うんです。だから「アイドルらしくない」って本人は言っているけれど、アイドルとして輝きたいってめちゃくちゃ誰よりもアイドルだし誠実な姿勢だよなあと思った。やっと見つけられた居場所だからなのかもしれないけど、それにしてもそこを守りたいっていうプライドとか、必要とされたいっていう本音が見える気がして、とても人間くさくないですか?その形がこの子にとってはアイドルであることなんだろうね。どちゃくそ美少女ルックスでいて、自分の意思を持っているところがカッコいいなあと思ったので書きました……。アイドル最高。以上です。