あばたもえくぼ

底辺を生きるドルオタの備忘録

オタクだったわたしにも彼氏ができました。

こんばんは。お久しぶりです。前回の更新からしばらく経ってしまい、コメントも返せていなくて申し訳ないなと思いながら暗闇の中で文字を書き起こしてます。

 

最近はというと、オタクすることは皆無になりました。Kポはもう一切観ていない聞いていない知らない状態でときどき欅坂46に想いを馳せるこの頃です。

 

 

そんなわけで、タイトル通りなんですが最近彼氏ができました。実は彼氏いない歴=年齢だったので一安心してます。ヤッター。最初の頃は彼氏という言葉すら発するのが恥ずかしかったんですがもう一切感じません。恥に慣れるって怖い。

 

彼氏ができたことは昔から本当に仲の良い友達にしか言ってなくて、今後も言わない予定です。言わないのは決して仲が悪いというわけじゃないんですけどね。なんとなく恥ずかしくて言ってません。誕生日や合格祝い以外でお祝いしてもらえることってなかったので、おめでとうって言われるのが不思議な感覚だった。とりあえず女としての幸せを一切感じないまま死を迎えるなんてことが起こらなくてよかった。

 

 

世間から見たら付き合いたてで1番楽しい時期だねーなんて言われるのだけど、相手のことは1年くらい前から知ってるので相手の良いところ、嫌なところもある程度は分かってました。それを理解した上で付き合うことをを選んだし、なので大した変化はないはずだったんですけど早速喧嘩をしまして。ええ。まあわたしが一方的に怒ってるというか不機嫌さを全面に出している状態なんですけどね。こんなすぐ喧嘩するところってあるのかな。ちょっと心配にはなりました。

 

でも、どうしても許せないことがあって。許せないというか悲しかったことがあって。別に相手のことを呆れてもないし嫌いにもなってない。ただ厄介なことにわたしが傷付いちゃったんですよね。自分が傷付くって相手のことを嫌いにはなったわけじゃないので、とても悲しいことなんだなって感じました。自分すごく初心じゃない????あんなに遊んでた自分はどこいっちゃったんだ???そんなわけでまんまと傷付けられて、悲しくなっちゃって、他人にここまで一喜一憂させられるのも久しぶりで疲れてしまった。と同時に、思ってることを素直に表出できない可愛げのなさと頑固さと経験値のなさが乗り越えなければならない大きな壁になっていて、今日もそいつと奮闘してました。が、、、強敵でした。向こうは謝ってくれたのに私は思ってることを言うこともできなければ謝ることもできず意地張って会話終了。ほんと、この調子だとわたしが呆れられるだろうなって思いました。なんでこうなっちゃうんだ自分よ。なぜ思ってることを言えないんだ。どうしたらいいんだろうか。付き合うことがゴールになってしまっていたわたしにとって付き合ってからのことは考えていなかったのでお手上げ。もう分かりません。でも、わたしも謝らなきゃなっていうのは分かる。当然こっちにも悪いところは沢山あるから。でもそれを言えない。勇気がない。恥ずかしい。もういっそのことこのブログ読んでくれないかな。

 

 

、、、、いやよっぽどそっちの方が恥ずかしいよ。そして間違いなくフラれる。原因が過去のオタク記事とかネタにもできない。

 

 

 

付き合うことも難しいけど付き合ってからも難しいんだね。普通こんな初っ端から喧嘩するものなの?こじらせ系のオタクほど厄介なものはないなと自分でもしみじみ感じました。それが分かっただけ良かったのかな。どうなるか分からないね。というかどうにかしなきゃいけないよね。自分の壁を乗り越えるのって難しい。この歳になって、まさか恋愛で自分を見つめ直すことになるとは思わなかった。でもいい機会だと思って自分や他人のことを考えてみようと思う。